« 午後の紅茶のストレートってこんなに美味しかったんだね | トップページ | イラスト追加のお知らせ。 »

2009年7月26日 (日)

飽きずに何度もみるもの。

今日は、ちょと自分が結構何度も見てしまう映画をご紹介します。

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

「MONDAY」 あらすじ↓

月曜の朝、見知らぬホテルの一室で目覚めたごく普通のサラリーマン・高木。二日酔いに頭を押さえ、週末の記憶を辿るが思い出せない。だがポケットに入っていたお浄めの塩に気付いたことで、次第に自分がしでかしたとんでもない記憶が蘇ってくる・・・。

「式日」 http://shikijitsu.ube.ac/ あらすじ↓

「カントク」は、実家の山口県宇部市に里帰りする。そこで「明日は私の誕生日なの」と語る少女、「彼女」と出会う。カントクはそれまで東京でアニメの仕事をしていて大きな成功を得たが、それによって生まれた無力感や、本当は実写をやりたいという不満をため込んでいた。彼女はカントクに自身の母親に姿を重ね、かれに心を開く。またカントクは自分の実写作品の最初の素材として、彼女の日々を撮り続けるようになる。

「手紙」 http://www.tegami-movie.jp/ あらすじ↓

工場で働く20歳の武島直貴は、職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。それというのも唯一の家族である兄・剛志が、直貴の学費欲しさに盗みに入った邸宅で老婆を殺してしまったからだった。兄が罪を犯したのは、自分のせいだ。そう自責する直貴は、せめてもの償いにと服役中の兄から届く手紙に丁寧な返事を書き続けていた。そんなある日、更生した元服役囚と出会った直貴は、一度はあきらめたお笑い芸人の夢に再び挑戦しようと決意する。

「シザーハンズ」 あらすじ↓

とある孤独な発明家の手によって生み出された人造人間のエドワード。しかし発明家はエドワードを完成させることなくこの世を去ってしまった。両手がハサミのまま、一人残されたエドワード。ある日、エドワードの住む城に化粧品を売りに来たペグは、彼を家に連れて帰ることに。エドワードは植木を綺麗に整えたり、ペットの毛を刈ったりして人気者になってゆく。そして、エドワードはペグの娘キムに恋をする。しかし人間社会の辛く悲しい現実が彼を待ち受けていた……。

「オーロラの彼方へ」 あらすじ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%BD%BC%E6%96%B9%E3%81%B8 (長いのでウィキさんに。)

「アース」 http://earth.gyao.jp/ リンクに映像と内容が詳しく載っています。

「ミクロキッズ」 あらすじ↓

科学者のウェイン・ザリンスキーリック・モラニス)は、長年自宅で「物体縮小装置」の研究に励んできた。だがその苦労の甲斐もなく、実験は失敗続き。研究自体が失敗かと思われたある日、ふとしたことから装置は正常に作動し、ザリンスキー家の子供と、隣の子供たち4人を6mmに縮小してしまう。その上、何も知らない父親からゴミに出されてしまった子供たちは、父親に助けを求めるために、家を目指してジャングルと化した芝生の庭の冒険に繰り出す。

「レオン」 あらすじ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB) (長いのでウィキさんに。)

「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」 あらすじ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%A2 (長いのでウィキさんに。)

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

というか、ここじゃ書ききれません(・∀・`;) 上3つは邦画で、あとは全部洋画です。

「シザーハンズ」「ミクロキッズ」「レオン」はかなり古いけども色褪せないとても心に残った作品。

ここに書かなかった「スプラッシュ」というこれも古い人魚のお話の映画もちょーいいのですよ(/ーヽ)

(特にトム・ハンクスが若すぎて可愛いのです(笑)

「MONDAY」は好きな俳優の一人、堤 真一さんが出ている映画で緊迫した内容なのにも関わらず、

お腹を抱えて笑ってしまった思い出の映画です((w(´▽`)w))

「式日」は、映像自体がアート。ぷぽの好きな赤色重視した映像の中で、主人公のカントクと少女の生活観や

ファッションも含め大好きな作品の一つです。 決め手はエンディングで流れるCoccoの曲でしょう。

「手紙」はワリカシ最近の映画で、考えさせられた映画。

囚人になった兄さんのあのシーンが忘れられない(;ェ;)・・・・・・・・・。

「アース」これも映像がアートだなあ。一切CGを使っていない自然のままの景色・世界・生き物。

すべてにおいて、見ていて心の中が洗われた感じでした。世界の温暖化や汚染された場所が憎くなりますッ

「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」は美しすぎる・・・何もかもが美しすぎる!!!!!!!

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

シザーハンズやレオンなんかは知らない人はいないくらい有名な作品ですねぇ。

ジャン・レノもジョニーデップ、ブラッド・ピットも好きな俳優さんです。

女優さんだと、アンジェリーナ・ジョリーが大好きですヽ(=´▽`=)ノ

最近似たような名前の歌手が日本にいて困惑しています・・・

もっと紹介したいものは数知れずあるのですけども、ダメだ、終わりが見つからないでブログを埋めそう;

ホラーやサイコサスペンスも好きなのですよ。謎解きみたいなものも。

一番みない映画は、恋愛映画かも知れないですねえ、いや、みるのですよ。みるけどもね!!!!!

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

Photo 「暑中お見合い申し上げます」

↑こういう恋愛系の絵も描くようになったものですから(;´▽`A``

いつかは、ちゃんとした動画を作ってみたいなあと思っています。ちゃんとしたソフトも手に入れて(いつ?)

アニメとまではいかないけれど、自分の作った絵と音楽で何かできればいいなと思っていますよっ。

そんなわけで、今日は映画紹介でした。

|

« 午後の紅茶のストレートってこんなに美味しかったんだね | トップページ | イラスト追加のお知らせ。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

神様

お久しぶりですヾ(o゚ω゚o)ノ゙
おっと、神様もシザーハンズの虜でしたか(・O・?)

・・・そして、暑中見合いを早くも使ってる!!wwwww

投稿: 管理人pupokun | 2009年7月27日 (月) 13:58

シザーハンズとても素敵な映画ですね
純なエドワードがカッコイイです。

最近暑いですね。
ぷぽさん、結婚しませんか?

投稿: 神様 | 2009年7月27日 (月) 00:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 午後の紅茶のストレートってこんなに美味しかったんだね | トップページ | イラスト追加のお知らせ。 »