文化・芸術

2009年7月26日 (日)

飽きずに何度もみるもの。

今日は、ちょと自分が結構何度も見てしまう映画をご紹介します。

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

「MONDAY」 あらすじ↓

月曜の朝、見知らぬホテルの一室で目覚めたごく普通のサラリーマン・高木。二日酔いに頭を押さえ、週末の記憶を辿るが思い出せない。だがポケットに入っていたお浄めの塩に気付いたことで、次第に自分がしでかしたとんでもない記憶が蘇ってくる・・・。

「式日」 http://shikijitsu.ube.ac/ あらすじ↓

「カントク」は、実家の山口県宇部市に里帰りする。そこで「明日は私の誕生日なの」と語る少女、「彼女」と出会う。カントクはそれまで東京でアニメの仕事をしていて大きな成功を得たが、それによって生まれた無力感や、本当は実写をやりたいという不満をため込んでいた。彼女はカントクに自身の母親に姿を重ね、かれに心を開く。またカントクは自分の実写作品の最初の素材として、彼女の日々を撮り続けるようになる。

「手紙」 http://www.tegami-movie.jp/ あらすじ↓

工場で働く20歳の武島直貴は、職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしていた。それというのも唯一の家族である兄・剛志が、直貴の学費欲しさに盗みに入った邸宅で老婆を殺してしまったからだった。兄が罪を犯したのは、自分のせいだ。そう自責する直貴は、せめてもの償いにと服役中の兄から届く手紙に丁寧な返事を書き続けていた。そんなある日、更生した元服役囚と出会った直貴は、一度はあきらめたお笑い芸人の夢に再び挑戦しようと決意する。

「シザーハンズ」 あらすじ↓

とある孤独な発明家の手によって生み出された人造人間のエドワード。しかし発明家はエドワードを完成させることなくこの世を去ってしまった。両手がハサミのまま、一人残されたエドワード。ある日、エドワードの住む城に化粧品を売りに来たペグは、彼を家に連れて帰ることに。エドワードは植木を綺麗に整えたり、ペットの毛を刈ったりして人気者になってゆく。そして、エドワードはペグの娘キムに恋をする。しかし人間社会の辛く悲しい現実が彼を待ち受けていた……。

「オーロラの彼方へ」 あらすじ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9%E3%81%AE%E5%BD%BC%E6%96%B9%E3%81%B8 (長いのでウィキさんに。)

「アース」 http://earth.gyao.jp/ リンクに映像と内容が詳しく載っています。

「ミクロキッズ」 あらすじ↓

科学者のウェイン・ザリンスキーリック・モラニス)は、長年自宅で「物体縮小装置」の研究に励んできた。だがその苦労の甲斐もなく、実験は失敗続き。研究自体が失敗かと思われたある日、ふとしたことから装置は正常に作動し、ザリンスキー家の子供と、隣の子供たち4人を6mmに縮小してしまう。その上、何も知らない父親からゴミに出されてしまった子供たちは、父親に助けを求めるために、家を目指してジャングルと化した芝生の庭の冒険に繰り出す。

「レオン」 あらすじ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%B3_(%E6%98%A0%E7%94%BB) (長いのでウィキさんに。)

「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」 あらすじ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%A2 (長いのでウィキさんに。)

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

というか、ここじゃ書ききれません(・∀・`;) 上3つは邦画で、あとは全部洋画です。

「シザーハンズ」「ミクロキッズ」「レオン」はかなり古いけども色褪せないとても心に残った作品。

ここに書かなかった「スプラッシュ」というこれも古い人魚のお話の映画もちょーいいのですよ(/ーヽ)

(特にトム・ハンクスが若すぎて可愛いのです(笑)

「MONDAY」は好きな俳優の一人、堤 真一さんが出ている映画で緊迫した内容なのにも関わらず、

お腹を抱えて笑ってしまった思い出の映画です((w(´▽`)w))

「式日」は、映像自体がアート。ぷぽの好きな赤色重視した映像の中で、主人公のカントクと少女の生活観や

ファッションも含め大好きな作品の一つです。 決め手はエンディングで流れるCoccoの曲でしょう。

「手紙」はワリカシ最近の映画で、考えさせられた映画。

囚人になった兄さんのあのシーンが忘れられない(;ェ;)・・・・・・・・・。

「アース」これも映像がアートだなあ。一切CGを使っていない自然のままの景色・世界・生き物。

すべてにおいて、見ていて心の中が洗われた感じでした。世界の温暖化や汚染された場所が憎くなりますッ

「インタビュー ウィズ ヴァンパイア」は美しすぎる・・・何もかもが美しすぎる!!!!!!!

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

シザーハンズやレオンなんかは知らない人はいないくらい有名な作品ですねぇ。

ジャン・レノもジョニーデップ、ブラッド・ピットも好きな俳優さんです。

女優さんだと、アンジェリーナ・ジョリーが大好きですヽ(=´▽`=)ノ

最近似たような名前の歌手が日本にいて困惑しています・・・

もっと紹介したいものは数知れずあるのですけども、ダメだ、終わりが見つからないでブログを埋めそう;

ホラーやサイコサスペンスも好きなのですよ。謎解きみたいなものも。

一番みない映画は、恋愛映画かも知れないですねえ、いや、みるのですよ。みるけどもね!!!!!

━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━━─━─━─━─━━─━─━─━─━─━─━

Photo 「暑中お見合い申し上げます」

↑こういう恋愛系の絵も描くようになったものですから(;´▽`A``

いつかは、ちゃんとした動画を作ってみたいなあと思っています。ちゃんとしたソフトも手に入れて(いつ?)

アニメとまではいかないけれど、自分の作った絵と音楽で何かできればいいなと思っていますよっ。

そんなわけで、今日は映画紹介でした。

| | コメント (2)

2007年11月14日 (水)

文字

ぷぽは、字がへタッピです。

誰が見たって女子の字ではありやせん。

Untitled2sd うん、、、、、、、、orz

字って書いてないと

どんどん書けなくなってきちゃうです。

ですので、これからは

自分にお手紙を毎日一通書きます。

そこで突っ込まないこと

最近は、甥っ子がいい素材に

なってしまって、

なんともありがたいのです。(嬉)

Untitled4jpg

コネリ作業も最近しています。

絵も描きます。

テケトー唄も。

何かしらやっています。

やらかしています。

「三重録音原始的過ぎてステキかまいたちの夜」(なので音がッ雑音がッ)

| | コメント (2)

2007年11月 9日 (金)

色んな世界

000075_mjpgdd 20070827110656jpg_2

| | コメント (2)

2007年11月 4日 (日)

再開=始動

早くもぷぽくん始動いたしました。

こないだおばあちゃんが死んで、どんどん日付けが変わっていきました。

「人の死」というのを、この目の前で見たのは初めてで、思ったよりも人が抜け殻になってる姿を見て

ショックはなかったのです。

飼っているペットの死の方がショックだった。

たぶん、人の死って人間が思っているよりも単純で呆気ないのかも知れないです。

(受け入れ体勢が整わないと、きっとショックがないのかも)

というわけで、たぶんぷぽはまだ、おばあちゃんが生きてる人として見ているかも知れません。

今日は、おばあちゃんの仏壇に飾るお花を買いましたよ(´-`)

あえて菊は避けて、鮮やかなピンクと黄色と青のお花たちです。

人は、いつか死んでしまうけれど、その死を決めるのは自分次第だと思うのです。

赤ちゃんは、数年間親に『生かされて』育っていきます。

自分の意志を持って自分のしたい事や感情が芽生えた時に、初めて「一人で何かをする」

と思います。

当たり前のように、ぷぽたちは生きていますが、これって凄いことなんですよ~!

自分褒めてあげてー!

何気なく、何もしないで、なんの感情もなく、ロボットのようなそんな人間はいないと思う。

そんな人間、ぷぽはつまらないです。

病気で植物状態になったとしても、心はあるから。

そのココロを大切に。ホントに大切に。

070306 毎日朝が来たら「今日からスタート」と思っています。

ゴールが見えたら、それこそつまらない(;A;)

その時、その時間に、その場所で

感情も行動も、

自分次第で変わっていきます。

誰に何を言われようと、

ぷぽは曲げないのです。

(簡単に言うと、自己中とも言うw)

明日、何が起こるかなんて分からないから、明日も生きてみる。

そうやって、毎日が新しい日になっていく過程が好きなのですよね。

毎日楽しいばかりでもないのが現実で、その楽しくない日も含めて自分の人生の過程には

なければいけないこととしてみないと、やっていけないのです。

20061116_193809 ぷぽは、生きててよかった。

わしょーい。

| | コメント (1)

2007年10月28日 (日)

改造計画。

「何か変わるかもしれない。」

そう思った時は、だいたい何かが変わっていく不思議。

ぷぽも、ココまで変わってきた。

だから、今度は中身だけでなく、外身も変わらせたいとちょっと思いまして模索していました。

Photo 雑貨屋さんは昔から好きなのですが、

ライト系なものには興味があって、しかし見過ごし、

でも、出会ってしまいましたよっ!

見てるだけで時間を忘れそうな物たちをっ!!!

ポヤ~ンと見ていたい。

それこそぷぽワールド炸裂させてくれそうです。

(現実逃避ではありませんw)

あまりお出かけしないぷぽですが、

お出かけすると、時間を忘れ我を忘れ、

朝から夜まで一人でも大丈夫なのです。

きっと誰も着いていけないでしょう(T-T)

200708181137000 「光」って特別な存在かもしれません。

だって、ぷぽたちが生まれて来る時も、

暗闇から出てきて、初めて光を感じるのです。

だから、きっと光に対して敏感なのかもですね。

光はこの世界には必要不可欠なのです。

暗闇も嫌いではないのですけれどもw

いつか、夜に山とか高い場所に行って

星空見るだけでもいいので、そんなロマンな世界を

堪能してみたいものです。

朝より、夜が好き。

きっとこれは変わらないんですね~。

好きなことをして、好きなものを見て、好きな人と一緒にいれたらとか、

そういう気持ちが湧かない時が長く続いていたことがあって、

「一人でいい。」「もうどうにでもなれ。」とヤケッパチのときもあったんですよね~。

今は、「今できる何かがあるものならば、やってみる。」←これです。

Photo_2 単独行動が好きなぷぽですが、いつかネットやら

知り合った人たちに会ってみたいとは思うのです。

なんだろう。ありがとう言いたい。

支えてもらった半分以上は、実はネット関係だったり。

もうね、Pcの前で泣いちゃうのですよw

優しくされると泣いちゃうのですよ!

ぷぽは優しさに弱く敏感な乙女らしい(満24歳Σ(゚д。))

30歳になる前には、結婚できているかしら。とも

思ってみたり、ちょっとずつ乙女なのです。

でも、そんな感情を表に出せない女なわけで・・・。

どうでもよかった今までから、どうにかしてきたものを

生かす(活力にする)ことをしていきたいです。

200708161711000 「堅くお断り」って書いてあると、

ものすごい入りたいぷぽですが、

ちょっとココは理性を働かせて我慢我慢(?

立ち入り禁止区域とか、

例えば地雷がある国や戦争の跡地などにも

興味があって、きっといろんなパワーもらえるような

そんな気がしてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日は、いい日になった。

| | コメント (2)

2007年10月 4日 (木)

歴史

Watasi 1983年。

わけも分からずに生まれた。

1993年。

初めて家出をした。

(夜中に発見される)

1995年。

学校大事件(先生逆襲)

1998年。

講談社の専門学校へ。

2000年。

何故かカラオケボックスでスカウトされる。

(断る)

2000年、春。

初めてのバイト。

(寿司職人になる)

2001年~2003年。

入退院生活。(人間の限界を知る)

初めての輸血。

2003年、夏。

恋をする。(数ヵ月後に連絡途絶え)

2004年。

再入院。

2006年。

這い上がる。舞い上がる。舞い踊る。

現在。

いろんなことに、いろんな人に、いろんな場所で大きな世界を知る。

| | コメント (2)

2007年8月18日 (土)

お腹が空いたらスニッカーズ

題名は別に何も関係ないです。

スニッカーズ?を食べたことが無いので、美味しいのか、それはなんなのか知ってる人いたら教えてください。

200512020358000 こんなに暑い中でも、木や花や動物達は元気にしています。

なので、ぷぽも気合い入れて頑張りたいと思っています。

これからぷぽはどんどん歳をとります。

それは自然の原理で当たり前だけれど、

歳をとって、小さい子から「おばさん」と言われるようになって

もっと歳をとって、「おばあちゃん」と言われるようになるんですよね。

昔じゃ考えもしなかったのですよ~。

二十歳になったら、んじゃうって思ってました。

と言うよりも、「理不尽な大人が嫌い」だったんです。

政治家も、先生も、

みんな言いたい放題言って「やることやってないじゃんかッッ」と思ってました。

が、しかし、ぷぽも立派な大人になる年頃で(既になっている)

二十歳を過ぎてからは本当に時間が嘘みたいに早くて、瞬きするたびに変化があったような。

渋滞の車の中で、なかなか進まないような、そんな感じでした(アヤフヤ(´゚艸゚)w

8dff いろんな人と出会って、いろんな別れを経験し、身についたこともたくさんあったけれど、何か、胸に詰まった物が取れない感じがして、いつも端っこで泣いている時もあったものです。

( p_q)←こんなん。

ぷぽも、大きくなりましたッッw

立派な大人とは言えないけれど、波乱万丈な人生は

プラスになってくれたみたいです。

ちょっとココで感謝。( ´人`)☆。 ありがと。

あ。続きはまたあとで。

| | コメント (2)

2007年8月12日 (日)

ココロとカラダ

2005_guam_0337l

(どこかで拾った「風の憧憬」の違うバージョン)を聴きながらこの写真を見るとポヮヮとします(●´ェ`●)

感動を呼ぶ音楽って、もしかしたら一番のココロの栄養になりそうです。

リンクしてある「ちゅーそんの音楽畑」の作者ちゅーそんさんも、ホントに素晴らしい才能をお持ちで

音でいろんなものを表現できるのってすばらしいですね。

ぷぽもヘタレなピアノはチロチロ弾きますが、ぜんぜんダメ(´Д`|||) かなり才能なしなので、

音楽はきっと向いていないのですね~;

200708121456000 ぷぽは、写真を撮るのも好きなんですよー。

ちょっとした悪戯心なことをするのも好き。

というよりも、人を驚かせるようなことが好きで、

さり気なく夜な夜な行動を起こして、

何かのイベントでバーーーンッッ!みたいな。

そゆことが好きです。

あまのじゃくかも・・・・・。Σ(・∀・)

毎日ニコニコできたら、それでいいのですよ~。

裕福にならなくても、幸せにはなれるのです。

| | コメント (2)

2007年8月 9日 (木)

動物の本能

200708031912000 動物は子孫を残すことが前提で、

愛情がなくても自然と作ろうとします。

←実はこのワンコさんたち、親子であって夫婦なのですよ(!

ちょっとふっくらしている(オムツ)してるほうが茶々(チャチャ)メス犬で

今、ちょうどサカリの時期らしくてオス犬にモーションかけるのですよ;

もうかなりいい年頃で、体力的にも危ういし、これ以上は子供を産ませたくないので

と言うよりも、ぷぽん家もこれ以上増やせないので今、オムツやら対策を考え中。

チャチャのオムツが甥っ子のだとは絶対言えない。

Photo あと、夏は胃腸のよろしくない管理人ですが、そんな時は整腸剤

ラックビーの登場+.*.((d(`・ω・´三

これー大量にありすぎて・・・・・。

味は軽いヨーグルト風味ですよ~。

200703241614000

このブログ。

後で読み返すととんでもないほどにくだらない気がしてならない(T-T)

シーッ! d( ゚ε゚;)。。。

| | コメント (2)

2007年8月 8日 (水)

視点を変えれば。

200708052039000_2 いろいろと見えるものがある。

泣いてたって3分経ったら笑っているかもしれない。

それは気持ち次第だと思う。

さっきまで晴れてたのに大雨だとか、さっきまでニコニコだったのに

今度はムスっとしてたりだとか、みんな気持ちの持ちようで

前を向けば変わっていける。

ぷぽはそう信じていたい。

200703121227000

ぷぽの部屋の蛙は淋しそうだ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)