おかあさんは、なにもいわずに おふとんをあらって、ほしていました。