夜に、一人で物思いに更けると、 後ろが気になって仕方がないときがあります。 誰もいないのに、誰かいるような。 こえぇぇええぇええぇっ